夜にバナナを食べるだけで美肌もダイエットも叶うって本当?

ダイエットの強い味方として、ここ数年で人気が急上昇しているのがバナナ。
中でも「夜バナナダイエット」は、美容もダイエットも同時に叶えてくれると話題になっています。
耳にした事が無い方は、夜寝る前にバナナを食べるの?と疑問に思ってしまうかもしれませんが、夜ではなく夕食を食べる15~30分前にバナナを2本食べるダイエット方法です。
体は休息前の夜になるとカロリーの消費量がガクンと減ります。
また、家の中でハードな運動をする事も少ないので自然と運動量も減少します。
そのため、夕食はなるべく摂取カロリーを少なくする方が好ましいのですが、どうしても朝食よりカロリーの高い食事をしてしまいますよね。
そこで活躍してくれるのがバナナ。
夕食を食べる前に満腹感を感じる事で食事量を減らし、食べ過ぎを防いでくれるのです。。
この方法は1ヵ月で数kg痩せたという報告も多く、かなり信頼できるダイエット方法として人気が高まっています。
また、バナナに含まれるバランスの良い食物繊維で便秘を解消したり、ビタミンB群の働きで美肌効果も期待できるという正に一石二鳥のダイエット方法!
すぐにでも始められる手軽な美容法なので、今日からでも夜バナナダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

お財布にもやさしい、春雨スープダイエット

今までいろいろなダイエットに挑戦してきましたが、多くのものが三日坊主で続けることができませんでした。そんなズボラな私でも続けることができ、尚且つ結果が出たダイエットが春雨スープダイエットです。このダイエットは、夜ご飯のみを春雨スープに置き換えるというダイエット法です。春雨スープはスーパーやコンビニなどに売っている10食入りで300円程のものを食べていました。これでしたら、お手軽でお財布にも優しいので金銭面にも負担をかけることなく続けることができました。また、味のバリエーションも豊富で1袋に5つぐらい違う味のものが入っているので味に飽きることなく食べられます。ただ、このダイエットを始めたばかりの頃は、春雨スープだけでは満足感があまり得られず、食欲を我慢するのが辛かったです。しかし、始めてから5日経ったぐらいからだんだん慣れてきて、春雨スープだけでも満足できるようになりました。そしてこの春雨スープダイエットを三か月ほど続けた結果、体重を4キロ落とすことに成功しました。

運動によるダイエットなどについて

私は体重を減らしたいと思ったり、痩せたいと思ったときは普段の生活に運動を取り入れることが多いです。私の場合、食事制限のみによる減量は少ししか効果が表れません。もともと食べることが好きなので、それを極端に少なくするということは私には辛すぎます。運動を取り入れることによって健康にも良いし、痩せることもできます。また食事制限のみの減量は、逆に太りやすい身体を作ってしまうそうです。空腹を感じた脳が食べるようにと指令を出していても、それに逆らい空腹を極端に我慢することで基礎代謝に大切な筋肉からエネルギーを奪ってしまいます。筋肉が衰えると、基礎代謝も落ち代謝の悪い体になってしまうため、その結果太ってしまいます。また同じ体重でも運動している身体と食事制限のみで痩せた身体は見た目のプロポーションも全然違います。このような理由もあって、私は減量する際には必ず運動を行うようにしています。一番効果のあったのは、モムチャンダイエットでした。これからも普段の生活に運動を取り入れていきたいと思います。

プチ断食でスッキリライフを手に入れよう!

最近よく聞く「ファスティング」。
そもそもファスティングとは、食事をカットし、酵素ドリンクやコールドプレスジュースを摂取するのみで生活をして、内臓を休息させると同時に体内の毒素を排出することです。
でも、ジュースや酵素だけを飲んで、何日もご飯を我慢するって結構大変ですよね…。
そこで、ご紹介したいのが、プチファスティングです。
つまり、何日も食べることを我慢するのではなく、1日の中の数十時間を内臓の休息タイムにしてあげるということです。
早速やり方を見ていきましょう。
◆準備するもの
酵素ドリンク、お水
◆オススメのタイミング/夜?翌日のお昼までの15?16時間
→この時間帯は寝ていたり、通勤していたり、仕事でバタバタしている時間帯なので、空腹がそこまで気にならずに断食ができるというわけです!
◆方法/前日の夜の夕食は20:00までに済ませ、おかゆやおじやなどの胃腸への負担が少ないものをたべる。
寝る前に酵素ドリンクを飲む。
翌日の朝は酵素ドリンクと常温のお水を飲む。
朝からお昼までに1リットル程度お水を飲むようにする。
お昼は春雨スープなどの軽めのものにする。
たったこれだけです!
できそうな気がしてみませんか?
一応当日の夜も軽めに済ませ、お酒は飲まない方がよいとおもいます。
また、食事から摂れる水分が取れなくなるため、しっかりと水分補給をしてください。
しっかり水分を摂ることで、体の毒素を外へ出すことができます。
お手軽に始められるプチファスティング、ぜひお試しください。

私のダイエット忘備録 次のダイエットのために

かつて私が試したダイエットの記録です。
1.ステッパー
初めて購入したダイエット器具です。足踏みダイエット器具とでもいえばよいでしょうか。価格は1万5千円くらいだった気がします。半年ほど気が向いたときに使用していましたが、踏み台の根元が折れて粗大ごみになりました。ダイエット効果は感じられませんでした。気が向いたときしかやらないのであれば痩せるわけがないと分りました。
2.遺伝子別ダイエット(体質診断とサプリメント)
遺伝子診断をして、体質に合ったサプリメントを摂取してダイエットする方法です。
遺伝子診断は1万円くらいだったと思います。私はいわゆる下半身デブタイプでした。おすすめのサプリメントを半年くらいは摂取してみましたが、効果はありませんでした。サプリメントのみで痩せることは無理だと分りました。
3.脂肪燃焼をうたう特定保健用食品
脂肪の燃焼に効果的とうたわれている飲み物を半年ほど毎日飲んでいました。効果はありませんでした。飲むだけで痩せるわけがないと思ってはいましたが、それを確認できました。
現在、糖質制限ダイエットをしています。これは継続していると少し効果がありました。過去の失敗が継続の大切さを教えてくれました。

ダイエットの為に運動を習慣化する不真面目な方法

以前、ダイエットを成功させるには、強い意志やまじめな取り組みが必要だと思っていました。それはたしかにそうなのですが、それだけでは挫折してしまうこともあると思います。特に社会人ともなれば、仕事や家族の用事など、自分を周りに合わせなくてはいけないことも多く、ストレスや多忙に対処しながらダイエットしなくてはいけません。
自分のことにだけ集中できるわけではない環境でも、ダイエットを続けるために、私が考えたのは、真面目なダイエットができなくても気にせず、気軽なながらダイエットをすることでした。特に、自分の好きなこととダイエットを合体させられたら、良いと思い、考えついたのがテレビを見る時間をダイエットの時間にすることです。テレビのある部屋にダンベルを置き、テレビを見る時間はダンベルの上げ下げまたは足踏み運動をすることにしました。たったそれだけのことですが、10分もすればうっすら汗がにじみ、心拍数をはかると120くらいには上がっています。テレビを見ることはすでに自分の習慣になっているので、それと運動を合体させることで運動も習慣化することができました。
この方法のよいところは、「毎日コツコツ運動」という目標が、知らず知らずのうちに達成できることだと思います。